LIST

微生物について

Q.1 微生物とは、どんなものですか?

地球上のどこにでも住んでいるごくごく小さい生き物です。
味噌やお酒、チーズなどは微生物が発酵させて作ります。
ゴミが腐ったり、生き物の屍骸を分解するのも微生物の働きです。
他にも抗生物質などの薬も微生物が作ります。
食物連鎖の一番下で「分解者」として頑張っている生き物です。

Q.2 納豆菌ってなんですか?

バチルス属微生物群の一種で、納豆を作るときに必要な菌です。
BB菌もバチルス属微生物群に属する菌です。

Q.3 納豆のニオイがするんですか?

納豆のニオイは納豆菌が大豆を発酵した時に出る臭いです。
商品から納豆のニオイが出る事はありません。

Q.4 食べられる納豆菌と、何が違うんですか?

納豆菌といっても同じ菌種名で様々な特性を持つ菌があり、弊社が発見した菌では発酵食品で知られる納豆を作ることはできません。

Q.5 どうやって、納豆菌を発見されたのですか?

社長の阪本が創業前に熊本の様々な場所の土を試しました。試行錯誤の結果、水の浄化やカビ予防効果のある菌を発見しました。

水質改善商品について

Q.1 水質浄化ブロックは水道水に活用・使用できますか(カルキ抜き出来たりとか)?

水質浄化ブロックは、微生物の力で水質浄化を行うことを目的とするブロックになります。本品を使用した場合、水道水に微生物が混入するため、水道法により定められている、水道水中の細菌数が基準値を超える恐れがあります。よって、飲み水等の生活用水への使用はできません。

Q.2 水質浄化ブロックで水は美味しくなりますか?

水質浄化ブロックは、微生物の力で水質浄化を行うことを目的とするブロックになります。本品を使用した場合、水道水に微生物が混入するため、水道法により定められている、水道水中の細菌数が基準値を超える恐れがあります。よって、飲み水等の生活用水への使用はできません。また、原料にセメントを使用しており、美味しくはなりません。

Q.3 お風呂には使えますか?

水質浄化ブロックは、微生物の力で水質浄化を行うことを目的とするブロックになります。本品を使用した場合、水道水に微生物が混入し、ブロックの性質上ややアルカリ性になりますので、お風呂へのご使用はお勧めできません。

Q.4 鮮魚店を営んでいますが、食用魚の水槽で使えますか?

食用魚の水槽や飲食用水には使用できません。

Q.5 熱帯魚を飼っているのですが、海水でも大丈夫ですか?

海水中でもBB菌は繁殖できます。可能です。

Q.6 金魚鉢でも使えますか?

BB菌の活動には酸素を必要とします。金魚鉢でも酸素を供給していれば使用できます。

Q.7 購入後、ずっと使っていない商品があるのですが、使用期限とかありますか?

リングの使用期限は3年となっています。3年以内に使用を開始ください。

Q.8 使いはじめて2年経過したので、買い替えようと思いますが、使い終わった商品はどうしたらいいですか?

多孔質素材ですので、水中の微生物の住処となりますので水槽に入れたままで大丈夫です。見た目が気になる場合はハンマーなどで小さくして頂き底砂利などにもご使用いただけます。

Q.9 石が重いのですが、重さはどのくらいですか?

エコ・バイオリングで約180gです。主な材料が軽石のようなものですので、見た目よりも軽いです。

Q.10 どれくらいの水槽・池に、どれくらいのブロックを入れたら良いのですか?

■エコ・バイオリング約10~120L(30~90㎝水槽)に1個
■エコ・バイオマーブル約4~15Lに1個、60L(60㎝水槽)には4個
※河川、池などに使用される場合は「エコ・バイオロック」ございます。
■TYPE-Oは、約300Lに1個
■TYPE-Fは、約3000Lに1個を目安に投入してください。

Q.11 ブロックの色の違いによる、効果の違いは、有りますか?

特に違いはありません。お好みの色をお選びください。

カビ対策商品について

Q.1 納豆菌が、どうやって、カビ予防を行うんですか? 

カビ予防の場合は、BB菌が揮発性の抗菌物質(カビが嫌いな物質)を発生させることによってカビを抑えることができます。
また、直接BB菌を噴霧することで、付着したBB菌がカビの生育場所を奪います。

Q.2 置いておくタイプは、どのくらいの期間効き目がありますか?

3カ月程度です。
水を入れるタイプは水が減ったらお取り換え時期です。
ゲルタイプは乾燥してしまったらお取り換え時期です。
交換時期は環境により異なりますので、効果が薄れてきたとお感じになられましたら早めの交換をお願いします。

ニオイ対策商品について

Q.1 納豆菌が、どうやって、ニオイ対策を行うんですか? 

悪臭の場合は、悪臭成分を食べて分解してくれます。
また、悪臭の発生源に直接使用した場合は悪臭を発生させる微生物の繁殖を抑えることで悪臭の発生を抑えることができます。

Q.2 どんなニオイでもとれますか?

置いて瞬時に効果があるものではありません。
微生物が徐々にニオイの原因を処理してくれます。
生ごみや生活臭、タバコのニオイまで幅広く対応可能です。

Q.3 自然にやさしいとは、どういう風にやさしいんですか?

消臭剤の中には化学合成の香りでごまかしたり蒸発させる為にアルコールなどを使用しているものが多くあります。
これら化学薬品を使わない分、人にも環境にも負荷が少ない商品です。

Q.4 効果がなかなかでません。使い方がわるいのでしょうか?

悪臭が取れない場合、原因となっている部分から発生するニオイに微生物による消臭力が追いついていない可能性が考えられます。
出来る限り、ニオイの原因を取り去って頂き、原因部分への直接のスプレーや消臭剤の追加などで対応して頂けるようお願い致します。

Q.5 尿石が全部は取れませんでした。なぜですか?

尿石はとても硬く、こびりついています。
商品は徐々にこの尿石を柔らかくして取れやすくするものです。
尿石が取れやすくなるまで1〜2週間はかかります。
一度で取れなくても引き続き使用して、改めて掃除をしてください。

Q.6 中身をこぼしてしまいました。触っても大丈夫ですか?

肌に触れても問題ありません。素手でご使用になれます。

Q.7 取り替え時期は、どのくらいですか?

使用頻度、環境によって異なりますが、効果が無くなったらお取り替えください。
ゲル商品であればゲルが乾燥したら終了です。
トイレ用は2カ月で、他の消臭製品は3ヶ月を目安にお取り替えください。

Q.8 ウォシュレット機能付きのトイレでも使用できますか?

ご使用いただけます。ただし、水道管より直接洗浄水を引いているタイプではなく、タンク水を洗浄水として利用しているタイプでは洗浄水にBB菌が混入してしまうため、ご使用いただけません。配管をご確認ください。

Q.9 自宅で浄化槽がついているが、影響はありませんか?

自然に存在する微生物を用いているため、浄化槽があっても、問題なく使用できます。

Q.10 トイレ用を使用していると容器が黒くなることがある。また、注意書きに汚れたら擦り洗いしてくださいと記載があるが、洗うとどのくらいの期間使用できるの?

黒くなる原因としましては、中に配合しているBB菌が袋の表面で過剰繁殖した結果になります。袋の目詰まりの原因となり、効果が落ちることが懸念されますので、袋表面をこすり洗いをして頂けましたら、使用期限までご使用頂けます。

Q.11 トイレ用の使用期間の判断はどうすればいい?表面の決まりはあるのか?

使用期間は1個当たり約2ヶ月になっております。設置された日から約2ヶ月後に交換してください。容器の面は、特に決まってはおりませんが水が当たった際に飛び跳ねないように設置してください。

ヌメリ対策商品について

Q.1 全ての排水管に使用できますか?

ご使用いただけます。家全体の排水口から見えないところの配管に流れて行きBB菌が定着することで効果を発揮いたします。

Q.2 使用箇所がたくさんある場合、少量になっても問題はないのか

特に問題はございません。

Q.3 台所や洗面台、お風呂等に適量を流して使用してくださいとあるが適量はどのくらいか・・・

本品は1回使い切りタイプになります。台所、洗面台、浴室、トイレなど排水口が4カ所の場合は約250ml(1/4)づつに分けて投入してください。

Q.4 強酸性や強アルカリ性の洗浄剤との併用しないでくださいと書いてあるが、例えばどんな洗剤があるのか?

塩素系の漂白作用を持った強アルカリ性の洗剤や、尿石などカルシウム分を溶かす強酸性の洗剤がございます。これらの製品は、直接皮膚についてもダメージがございます。これらの洗剤は有用微生物であるBB菌に対してもダメージを与えますので、弊社製品との併用はお控えください。

Q.5 それ以外の洗剤となると中性洗剤となると思うが、どんな洗剤があるのか。一般的に洗剤は何性?

食器用洗剤などは一般的に中性洗剤であることが多く、直接、皮膚についてもダメージが少ないと思われますので、こちらをご使用ください。

抗菌・除菌商品について

Q.1 ヨウ素とは?

人体の必須ミネラルであり、海藻などに含まれる天然物質です。医療用にも幅広く使用され、消毒剤・うがい薬など身近なものにも含まれています。

Q.2 ヨウ素の安全性

皮膚一次刺激性試験及び口腔粘膜刺激性試験ともに陰性であること確認しています。また、ヨウ素は日本人が良く食べる海藻に含まれる成分でもあり、古くからヨードチンキとして消毒薬の効果や安全性が確認されています。
ただし、極稀にではございますが、食品アレルギーなどと同様にヨウ素過敏症の方がいらっしゃしますので、使用時に体調などに異変が見られた場合は、使用を止め、医師にご相談してください。

Q.3 なぜ洗濯物の生乾き臭がなくなるの?

着用した衣類にはほこり、人体からの皮脂汚れ、雑菌類が付着しており、洗濯後も水分が多い状態が長く続くと雑菌が残った汚れこの雑菌の活動・繁殖が生乾きのイヤなニオイの原因です。本品を洗濯の際に投入することで、洗濯水の雑菌を減少させ、雑菌繁殖を抑える事により洗濯物の生乾き臭の発生を予防します。

Q.4 商品から生臭いようなニオイがするけど?

新品の商品には効果成分である樹脂のニオイを強く感じられる場合がございます。
ニオイがある状態でも品質に問題ございませんので、お洗濯にご使用頂けます。

Q.5 柔軟剤を使用した際にニオイが変わったようだけど?

ごく稀に柔軟剤の成分によっては発生する可能性があります。柔軟剤の種類を検討頂くか、ヨウ素DEスッキリの使用を中止ください。

Q.6 ドラム式の洗濯機には使えますか?乾燥機には使えますか?

ドラム式の洗濯機にご使用いただけますが、斜め型ドラム式の場合は隙間から機械内部に入り込んでしまう場合がございますので、洗濯ネットに入れてご使用ください。また、本品をお洗濯物と一緒に乾燥機に掛けてしまいますとニオイが発生することがございますので、脱水終了後すぐに取り出してください。

Q.7 蒸気にヨウ素が含まれるの?

加湿器から出る蒸気中にもヨウ素は含まれますが、空気の除菌ができる能力はございません。また、ヨウ素の特有のにおいを感じられる方がいらっしゃいますが、食べ物などからも摂取する成分ですので環境中で触れても問題はございません。取扱説明書通りにご使用になった場合の空気中ヨウ素濃度が基準値以下であることを確認しております。ただし、ヨウ素は極稀にではございますが、アレルギーを持っている方がいらっしゃいます。使用時に体調などに異変が見られた場合は、使用を止め、一度医師にご相談ください。

Q.8 どの加湿器にも使えますか?

給水タンクのある加湿器に使用できます。タンクを直接温めるタイプの加湿器にはご使用になれません。また、3L容量のタンクを使用目安にしておりますので、それ以下の容量のタンクの場合は効果成分が多く溶出し、タンクへの着色の恐れがございますので、ご使用はお避け下さい。

Q.9 使用しない間はどのくらい?

およそ1週間を想定しております。旅行などで長く家を空ける場合は本品を一旦取り出し、二重にしたビニール袋に入れて保管ください。加湿器を使用せずに長くタンク内に入れておくと効果成分が多く溶けだし、着色の恐れがございます。

Q.10 アロマは使っていいの?

ご使用いただけます。ただし、香料の成分によっては効果成分と反応し除菌力が低下する可能性がございますので、効果を充分に感じられない恐れがございます。

Q.11 加湿器を使用しない間の保管方法は?

一度使用したものは原則廃棄してください。少ししか使用しなかった場合はしっかりと乾燥させて保管することも可能ですが使用期間は短くなると予想されます。

Q.12 ヨウ素DEスッキリ!加湿器用について、水以外にも使用できますか?

本製品は、加湿器の給水タンクに使用することを目的とした除菌剤であり、それ以外の使用用途を想定しておりません。

アグリ商品について

Q.1 有機栽培に使えますか?

ご使用いただけます。農薬や化成肥料の多用により、元々土壌にいる土着菌が減少していく傾向にあります。有機肥料、堆肥等を施用は土着菌といわれる微生物を活性化させるためでございますが、同時に外から固定した微生物(BB菌)を投入する事で、植物が育ちやすい土へ土壌の環境改善ができます。

Q.2 野菜が美味しくなりますか?

BB菌を施用する事で、有機物分解を促進し、栄養素の供給に貢献します。又土壌団粒構造を促進させる事で根張りを良くし、より多くのミネラル栄養素を吸収し、作物の食味向上に貢献します。

Q.3 農薬と混ぜて使えますか?

BB菌は生き物でございますので、化学製品を利用した殺菌・殺虫剤との混用はお勧めできません、環境に合わなければ芽胞となり休眠する特性もありますが、芽胞状態では効果を発揮できません。より効果を上げる為には、単独、もしくは有機液肥等の養分との混用をお勧めします。

Q.4 肥料は要りますか?

BB菌自体は栄養素ではありませんので、肥料は通常通り施用して下さい。BB菌の餌にもなる有機肥料の施用をお勧めします。

Contact

商品についてのご不明な点、改善して欲しい点、作って欲しい商材など様々なご意見を受け付けています。
お気軽にお問い合わせ下さい。商品を利用してのご感想もお待ちしております。
業務用、OEMもご相談下さい。