社員ブログ

FP検定3級にチャレンジ!~前編~

前回のブログで無事に日商簿記2級編が完結しました。

次の挑戦は…

6月に日商簿記検定2級を取得して、

会社のお金の事が分かったので今度は個人のお金の事を勉強したくなりました。

ファイナンシャル・プランニング技能検定(FP検定)だと、

個人が人生に関わるお金の事が分かるというのでまずはFP検定3級を目指すことにしました。

ということで、新たに始まったFP検定3級にチャレンジ編。

今回は前編後編の2話でお送り致します。

FP検定の試験範囲は6分野あり、

○ライフプランニングと資金計画…FPの論理、社会保険(公的保険)など

○リスク管理…保険の基礎、生命保険、損害保険など

○金融資産運用…金融・経済の基本、債券・株式・投資信託、金融商品など

○タックスプランニング…所得税、住民税、損益通算、所得控除など

○不動産…不動産の取引、不動産に関する法令、不動産に係る税金など

○相続・事業承継…相続の基本、相続税、贈与税、財産の評価など

を幅広く学ぶことが出来ます。

自分の職業によって得意分野・不得意分野があり、自分の得意分野から勉強すると勉強しやすいとのこと。

例えば、保険会社で勤めている人はリスク管理から

会計事務所に勤めている人はタックスプランニング・相続・事業承継から

不動産関係に勤めている人は不動産、証券会社に勤めている人は金融資産運用みたいな感じです。

私はどれにも属さないので、テキスト順に勉強を始めることにしました。

ほぼ、初見なので普通の人より長めに勉強することにして

試験を受けようと思ったのが7月18日で試験が9月8日で1ヵ月半勉強することにしました。

(教材に使ったテキスト)

みんなが欲しかった! FPの教科書 3級 2019-2020

【本書の特徴】
●全ページカラーで魔法のようにわかる!
本文は、シンプルで易しい言葉でまとめてあるので、初学者の方もすらすら読めて安心。
文章だけではわかりづらい点も、オールカラーの図解やイラストを用いて解説しているので、頭にスッと入ります。

という謳い文句に釣られて購入

最初にテキストを見ると…

範囲が広すぎる~(T_T)

金額とか年数とかパーセンテージとかたくさんあってごちゃごちゃして訳わかんない(;´Д`)

慣れていた簿記との勉強法の違いに最初は苦戦しました。

テキスト読んでいても別の分野の勉強しているうちに前の範囲忘れているし、

思った以上に難しくて戸惑いました。

テキスト2周して多分これ以上テキスト読みこんでいっても私成長しない!と思い、

アウトプット変更。

ちょうど、携帯アプリに過去問が10年分収録してあるものがあったので、

ひたすら問題を解きまくりました。

 

大変お世話になった『FP3級ドットコム過去問道場』さん

簿記の学習でもテキストを読み込むより

問題を解いて間違えていった方が理解が深まったのでその勉強法を取り入れました。

FP検定3級は選択肢で○・×で答えるものと

3択のマークシート方式なので勘で答えてもどれか当たるので、

すべて記述式の簿記よりは点が取りやすかったです。

慣れてきたら簿記はパズルみたいな感じで解け、

FP検定はクイズ感覚で解けたので違った楽しさがありました。

FP検定は個人のお金の事が分かるので

社会保険・所得税・住民税・住宅ローンとか身近なことも学べて勉強になりました。

他にも会社の普段の業務に関係することも色々とあったので、勉強してよかったです。

FP検定の勉強して思ったのは、

つくづくお金の事を勉強していないとこの世の中は損するようにできているなって思いました。

医療費控除とか所得控除とか保険の事とかたくさん…

普通に生活していたら誰も教えてくれない。

知らないと損をすることがたくさん学べました。

今回のトータル勉強時間は100時間くらい。

 

後編につづく


Contact

商品についてのご不明な点、改善して欲しい点、作って欲しい商材など様々なご意見を受け付けています。
お気軽にお問い合わせ下さい。商品を利用してのご感想もお待ちしております。
業務用、OEMもご相談下さい。