社員ブログ

結局「bio(バイオ)」ってなんなの?

こんにちは。

入社して今月で1年、マルでございます

 

突然ですが、bio(バイオ)ってなんだか知っていますか?

「バイオって天然系のものでしょう?」

「SNSでよく耳にするあの単語…?」

「ゲームの……」

と、いろいろ頭に浮かんだことと思います。

今回は「株式会社ビッグバイオ」である当社と

と〜〜〜〜〜〜っても関わりの深い、bioについて説明したいと思います

 

①BIO、bio とは

  • bio- – 欧米の諸言語の語幹のひとつ。ビオとも言う。語源は、ギリシャ語の”bios”(人間などの生命の意)、ラテン語の”vivus”(生命のある、の意)などから。反義語はabio-(アビオ:無機の、無生物の)。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

つまり、有機・生き物は全てBIOというわけです。

ということは私たちもBIOであります。

バイオ商品を愛用している自然派の方には、なんだか違和感のある回答ではないでしょうか。

大丈夫です。②をご覧ください。

 

②商品におけるbio(バイオ)とは

バイオの力で〇〇、バイオで防カビ、〇〇バイオ、バイオの惠、などなど

世の中にはバイオと名のつく商品がたくさんあります。

ここで言うバイオとは、ほとんどの場合が「微生物」のことです。(自社調べ)

雑貨業界ではバイオ商品は微生物の働きによる製品だと理解されています。

 

③SNSで目にするbio(バイオ)とは

プロフィール欄のことです。

人物紹介を意味する「biography」の略語です。

bio必読!とあった場合はそのアカウントのプロフィール欄を一度読む必要があります。

 

④ゲームのタイトルにもなっているbio(バイオ)

一度は聞いたことのある有名ゲームタイトル「biohazard(バイオハザード)」

  バイオハザード: biohazard, biological hazard生物学的危害[2])とは、有害な生物による危険性をいう。

生物災害」と訳して危険性による災害そのものをいうこともある[3][4]

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

今騒がれている新型コロナウイルスもバイオハザードと言えるでしょう。

 

 

ビッグバイオでは、主に②のbioを取り扱っています。

代表商品の効果成分として使用しているBB菌は、

納豆菌の仲間を独自でブレンドした有用微生物群です。

BB菌の力を利用した製品は人にも環境にも優しい製品となっております。

 

さて、bioについて少し詳しくなったところで、

是非ビッグバイオのバイオ商品もご覧になってください!

 

以上、マルでした〜!


Contact

商品についてのご不明な点、改善して欲しい点、作って欲しい商材など様々なご意見を受け付けています。
お気軽にお問い合わせ下さい。商品を利用してのご感想もお待ちしております。
業務用、OEMもご相談下さい。