社員ブログ

憩室炎(けいしつえん)の治療と食事のリアル

入院のため、お休みをいただいていたYUANです

原因は大腸の「憩室炎けいしつえん)」でした。

 

今回は憩室炎で受けた治療とお食事について紹介します。

 

お腹が痛く、ほっとけば治るかなと思っていたら、全く痛みが引かず、そして熱発し、大きな病院で診てもらいました。

CTや血液検査をした結果、憩室炎と診断され、即入院

大腸には憩室と言われる袋状になっている部分があるのですが、そこに炎症が起きていたようです

 

 

結局、5泊の入院をしました。

 

この病気にはいろいろな治療があるようですが、私の場合は2日間の絶食と抗生物質の点滴でした。

入院してから2日間、何も食べず、点滴を繋がれていました。アメとガムは口にしていいとのことでしたので、空腹を紛らわせます。

その間も腹痛は続き、触っただけで幹部が痛かったです。

 

それでは、絶食後の病院食について、一部ですが紹介します。

 

食事再開のお昼ご飯。お粥ご飯から始まりです。

おかずも5分菜と言って、噛みやすいようにある程度切ってもらっています

 

 

 

 

 

 

 

 

消化に良い形になっている食事が続き、5分粥から7分粥になりました。

おかずも7分菜(5分よりも大きい)になりました。杏仁豆腐も柔らかくて美味しいです。

 

 

 

 

 

 

まだお粥ですが、徐々に水分のないものに変わっています。

おかずも7分よりも大きくなりました。これは朝食ですが、朝食には牛乳がつきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退院前日より、ついに普通のご飯になりました。

おかずも一口サイズには切られていない、常食です。

フルーツもついて、嬉しいです

 

 

 

 

常食にはなったものの、よく噛んでゆっくり食べました。最初は30分程度かけました。

 

よく噛んでゆっくり食べると、お腹への負担が減り、満腹感も出ますので、ダイエット中の人にはおすすめです

 

 

 

退院当日の朝食です。

 

 

異常がないかの血液検査後に、朝食を食べました。

結果、炎症を示す数値(CRP)が落ち着いていたので、先生より退院OKになりました。

調理員さん、栄養士さん、看護師さんありがとうございました

 

 

 

 

 

今後また憩室炎が起きないように、

・よく噛んで食べる

・野菜をしっかりとる

・ストレスを溜めない

を徹底していこうと思います。

 

 

 

入院中は暇で暇で、本や雑誌をたくさん読みました。

釣りが好きなので、ルアーマガジン9月号(内外出版様)を読んでいたところ、なんと弊社の商品が載っていました!

弊社の涼感スプレー『スースースッ』、マスク用と衣類用です。

 

 

 

オカッパリや船釣り、アウトドアでの暑さ対策に有効です!

マスク用を衣類にかけても問題はありません。

 

 

ぜひ、釣り・キャンプ好きの皆さん、お試しください。

スースースッ詳しい内容は下のリンクから↓

https://big-bio.com/ec/products/detail/254


YUAN

YUAN

「お客様へより良いモノを」 新潟県出身のYUANです。鹿児島や屋久島にも住んだことがあり、九州が大好きです。釣りやアウトドアが好きで、日ごろから「自然」に寄り添う生活をしたいです。お米とお酒も大好きです。

Contact

商品についてのご不明な点、改善して欲しい点、作って欲しい商材など様々なご意見を受け付けています。
お気軽にお問い合わせ下さい。商品を利用してのご感想もお待ちしております。
業務用、OEMもご相談下さい。