会社のデスクから見える気になる桜

こんにちは

研究開発室のcobaです。

今回はこの時期ならではの桜の話です。

実はデスクから窓の方を向くと桜が見えます。

それもかなり立派な桜です。

この会社に入ってこの桜を見るのは今回で3シーズン目になりますが

まだ間近で見たことはありません。

木曜の昼休み、天気も良く暖かかったので行ってみることにしました。

あらためて駐車場から眺めてみましたが、少し距離がありそうです。

いざ出発

振り返ると、会社の敷地の桜もなかなか立派なものでした。

Hirano社員さんが先週紹介してた桜です。

この道で間違いなさそう

途中から狭い路地に入ります。

途中にある桜も満開です。

さらに細い小道へ

ゲートボール場です。

じゃなくてグランドゴルフ場でした。最近のお年寄りはゲートボールじゃなくてこちらのようですね。

左方向を見上げると

目指していた桜です。到着しました。

斜面に何本も桜の木があります。

つづら折りの小道があります。

やっぱ登るでしょう!

青空に映えてきれいです。

さらに登っていくと

古いお墓がありました。

そういうことでしたか。

きっと高台のお墓に眠るご先祖様のために桜を植えたのでしょう。

それとお墓参りする人たちのためにもかな。

斜面に咲く桜はほんとうにきれいでした。

ただし、誰にも会いませんでした。

こんなに見事に咲いているのに地元の人も誰もいないとは

皆さんコロナで自粛しているんでしょうね。まあ今年はしょうがないかな。

来年の桜はみんなで楽しめるといいですね。


coba

coba

製薬メーカーからの転職組で研究開発室で働いています。週末は釣りばっかりしてます。 コロナはなかなか手強いですね。今はじっと我慢して再び楽しい日常を取り戻しましょう!

FABミスト;緊急事態宣言が出ましたので一旦整理しましょうか

こんにちは

研究開発室のcobaです。

2度目の緊急事態宣言が出されましたね。弊社のある熊本県も県知事から独自の緊急事態宣言が出されて警戒度が上がっています。

ここ最近の国内での爆発的な感染者の増加は、①冬の低温でウイルスの生存時間が伸びた、②寒いので窓を閉めきって喚起が滞った、③コロナ慣れして気がゆるんだ、などいろんな要因が考えられますが、まさにこれからが新型コロナ対策の正念場ではないでしょうか。

ここで弊社の除菌消臭剤であるFABミストに関して、一旦整理してみようと思います。理解しやすいように除菌の定番のアルコールと対峙させながら一覧にしてみました。

項目 アルコール除菌剤 FABミスト
 ①除菌(細菌) 効果あり 効果あり
 ②インフルエンザ
ウイルスの不活化
効果あり 効果あり
 ③主な成分 エタノール 有機酸とグレープフルーツ種子抽出物(いずれも食品素材)
 ④予防的な使用 エタノールが揮発して効果が失われるので不可 成分が揮発せずにその場にとどまり持続的に働くので可能

 

①細菌の除菌に関してはアルコール除菌剤もFABミストも高い効果を示しており、FABミストの第三者機関での試験にてその効果が実証されています。

②インフルエンザウイルスの不活化に関してもエタノールが効果があり、昔から使用されています。FABミストに関しては成分の有機酸がインフルエンザウイルスに対する不活化効果を発揮することが確認されています。

ちなみに、ウイルスには細胞由来の被膜に包まれたエンベロープを有するウイルスと、包まれていないノンエンベロープウイルスがあります。インフルエンザウイルスはエンベロープを有するウイルスでノンエンベロープウイルスと比較して不活化されやすい傾向にあります。新型コロナウイルスもエンベロープを有するウイルスに分類されています。ただし、新型コロナウイルスでは直接評価できないのでなんとも言えない部分はありますが。。。

③アルコール除菌剤ではエタノールが主成分ですが、FABミストはいずれも食品素材である有機酸とグレープフルーツ種子抽出物の2つの成分が効果成分になっています。食品素材なので安心してご使用いただけます。

④予防的な使用ができるかという点ですが、ここは使用方法に大きく影響してくる重要な部分です。たとえば効果の持続性があればソファーやドアノブなど良く触れる場所にあらかじめスプレーしておいて時間が経っても効果が期待できます。エタノールは揮発性なのでスプレー直後は効果がありますが時間が経つと効果が失われてしまいます。一方FABミストの効果成分は揮発せずにそのままスプレーした場所にとどまるので持続的な効果が期待でき、予防的な使用が可能になります。この点はアルコール除菌剤にはない大きな違いになります。

先日、どうしても人が多い閉鎖空間に入らないといけない場面がありました。当然マスクはしていたのですが、マスクにFABミストをスプレーしていましたので、ただマスクをしているだけより安心感が格段に違いました。特に私の場合は自分で除菌持続性のデータを取っているのでなおさらでした。まさにFABミストの予防的効果を頼もしいと思った瞬間でした。この感覚は是非ともFABミストをご使用いただける皆さんと共有したい思いました。

近々日本でもワクチン接種が開始されますが、医療従事者などリスクが高い方から順番にとなるので、全員の接種が完了するまでにはまだまだ時間がかかります。また、ウイルスは変異を繰り返すものなので、いつワクチンの効果をすり抜ける変異株が出てくるかわかりません。まだまだ戦いは続きます。ワクチンだけを頼みにするのではなく、生活習慣やこまめな手洗いや除菌の習慣など多角的な対応を継続していくしかないことを多くの方々が認識して行動することが大事ではないでしょうか。


coba

coba

製薬メーカーからの転職組で研究開発室で働いています。週末は釣りばっかりしてます。 コロナはなかなか手強いですね。今はじっと我慢して再び楽しい日常を取り戻しましょう!

バイオの惠@確かに菌が効いてます!

こんにちは

朝晩ずいぶん涼しくなりましたね。

秋も深まりこの時期はいろんな魚が良く釣れます。

釣り好きの私は、週末が近づくたびにとソワソワと落ち着きませんw

 

さて、植物を使った生育試験のほうも

夏場は長雨や暑さで試験自体が成り立たないことが多かったのですが、ここにきて順調に推移しています。

 

現在生育試験を行っているのは弊社の「バイオの惠」という生育促進剤です。

有用微生物がたっぷり入った粉体や液体の製品になります。

すでに発売して何年か経過しています。

発売時には圃場を使った生育試験を行っており効果はしっかり確認しています。

 

 

今回の試験はさらに突っ込んで実施しています。

含まれている有用微生物が効いていると思うのですが、製造工程の都合で微量の肥料成分が含まれておりその効果かもしれないという可能性は否定はできません。

じゃあ何が効いているのかはっきりさせようじゃないの!ってことで

生育試験に詳しい肥料メーカーさんのアドバイスなども受けて

バイオの惠をオートクレーブ滅菌して菌を完全に殺して評価してみました。

 

試験系は以下の3つです。

  • 対照区;何も添加しない
  • 試験区1;バイオの惠 粉体 滅菌済み
  • 試験区2;バイオの惠 粉体

 

これらの3つのグループで小松菜を用いて3週間試験した結果が以下の写真です。

写真左から順に  対照区    バイオの惠粉粒滅菌   バイオの惠粉粒

 

御覧の通り結果は一目瞭然です。

バイオの惠を添加した右端の3つのポットが明らかに生育が良いです。

一方滅菌したバイオの惠では、対照区とほとんど変わりません。

 

滅菌して効果がなくなるということは、含まれる有用微生物が効果を発揮していることは間違いありません。

いやいや安心しました。混入している微量の肥料成分が効いているわけではないことが証明できて。

この結果から更なる課題も明確になりました。

じゃあ有用微生物がどう作用して効果を発揮しているのか?

弊社の保有する有用微生物は様々な有機物の分解能を有していることは実験室レベルで確認しています。よって土壌中にある有機成分を分解して肥料として吸収しやすいようにして生育促進を行っていることは容易に想像できます。ただ、生育の非常に初期段階から効いており、実は双葉の段階ですでにバイオの惠のほうがサイズが大きかったので、何かそれ以外のメカニズムがあるんじゃないかと思っています。

たとえば根圏に何らかの良い作用をするとか。。。

当然そこも詰めていくつもりです。

また何かわかりましたら本ブログで報告しますね。


coba

coba

製薬メーカーからの転職組で研究開発室で働いています。週末は釣りばっかりしてます。 コロナはなかなか手強いですね。今はじっと我慢して再び楽しい日常を取り戻しましょう!

FABミストを第三者機関で評価しました!

こんにちは

8月も終わりかけているのに毎日暑いですね。

雨の降り方なんか見てても、ますます日本の熱帯化が進んでいるような気がします。

そのうちマラリアが出たりして。。。なんか冗談では済まされなくなりそうで怖い。

 

さてさて今回もまたFABミスト関連ですが、FABミストの外注による試験、つまり第三者機関での評価について、第三者機関で評価することの意義も含めて書いていこうと思います。

FABミストはこれまでいろんな評価をしてきましたが、一部の消臭試験以外はほとんど自社試験でした。特に除菌試験については、スプレー後の持続性試験など再現性も確認し、かなり自信を持って報告してきました。

ただし、それらはあくまでも自社試験であり、どんなにいい結果が得られたとしても客観性という視点では外注による第三者機関での試験に比べて劣ってしまいます。

というのも、自社試験の場合、試験結果の採用は社内の判断に委ねられていますので、何回か試験を実施して一番いいデータのみを外部向け資料に採用することだって可能です。

そういった意味では第三者機関での試験では、メーカー側が試験条件を提示してそれを試験機関が粛々と実施し、出たデータがそのまま事実ということになります。そこにはメーカー側の意図が介在する余地は全くなく、まさに客観性の極みと言えるでしょう。

 

で、今回FABミストでも、より客観性のあるデータを取得するために、第三者機関による試験を実施しました。

試験内容は除菌試験で以下の条件で実施しました。

 

今回の除菌試験は、スプレーの液体と菌液を混合する普通の方法ではなく、繊維製品評価のJIS規格に則って実施しました。

FABミストは繊維製品じゃないじゃないかとの声が聞こえてきそうですが、どういうことかと言いますと、FABミストで綿布を濡らして18時間乾燥させたものを繊維製品とみなして繊維製品の規格で評価しました。まあFABミストを使ってただの布に除菌性能を付加してやったようなもんです。

試験に用いた菌種は、黄色ブドウ球菌、大腸菌、サルモネラ菌で、食中毒も意識した王道の3菌種です。

 

で、試験結果は・・・

以下が試験成績の最終報告書である試験鑑定証明書です。

3つの菌種の抗菌活性値は

・黄色ブドウ球菌;5.7

・大腸菌;6.3

・サルモネラ菌;6.3

という結果でした。

抗菌活性値は対数なので、例えば数値が4.0だと10000分の1、つまり99.99%除菌になるのですが、今回はその数値を余裕で超えてきていますので、端的に申しますと「めっちゃ効いてるやん!」ってことになります(^^)

自社試験で除菌試験を繰り返して、細菌に対する効果はかなりすごいなと感じていただけに、第三者機関でそれがしっかり証明できてとても嬉しく思います。

あと、繊維製品の規格で評価したこともポイントで、例えばアルコールで同じことをやろうとしても、18時間乾燥した段階で成分が揮発してしまい除菌効果は失われてしまいます。FABミストがアルコールにない持続性を有しているからこそ可能だったといえます。

今回、FABミストを繊維にしみこませて時間が経っても効くことが確認できたので、家庭内でソファーやカーペット、カーテン、寝具など、さまざまな繊維製品での予防的な使用方法が提案できます。

 

今回の成績は、これから拡販資料としてしっかりまとめて営業部に活用してもらわなきゃいけませんが、そんな堅苦しい資料よりこのブログをそのまま使ってもらったほうがよっぽどわかりやすいと思うけどな。。。まあ、そんな提案したら営業部長になんて言われるか(笑


coba

coba

製薬メーカーからの転職組で研究開発室で働いています。週末は釣りばっかりしてます。 コロナはなかなか手強いですね。今はじっと我慢して再び楽しい日常を取り戻しましょう!

弊社で残業したらホタルが見れますよ!

こんにちは
研究開発室のcobaです。
いつもは実験モノが多いのですが
今日は弊社入口付近で見られるホタルについてです。

ここんとこブログではホタルの話題が続いていますが
みんな研究室メンバーなのでしたw
みんな働き方改革真っ只中なので早く帰れるときは残業せずに帰ろうね!
また社長から「特に研究室は早く帰るように!」って言われちゃいますよ。

私も帰れるときはできるだけさっさと帰るようにしているのですが
この日、どうしてもやらなきゃいけないことがあり
遅くなってしまいました。
(なんか言い訳っぽいw)

あたりは暗くなっていて、会社の入り口のほうを見ると
すーっと黄緑っぽい光が流れていきました。
今年もそんな時期になったかって思いながら近寄っていくと

 

飛びながらタイミングを合わせて点滅しています。

しばらく見入ってしまいました。

デジカメで動画も撮ってみました。

動画はこちら

BBホタル

 

どんなところに居るのかというと

ほんとにちょっとした小川です。

水の底にカワニナが食事した跡が残っています。
なるほど、カワニナはホタルの幼虫のエサなので・・・
まあ今回はそんなうんちくは無しにしておきましょうかw

 

さて、最後に奇跡の1枚を紹介します。

 

 

ホタルが光でニコッてしてくれています('ー')
なんかいいことあるかな

 


coba

coba

製薬メーカーからの転職組で研究開発室で働いています。週末は釣りばっかりしてます。 コロナはなかなか手強いですね。今はじっと我慢して再び楽しい日常を取り戻しましょう!

FABミスト@マスクにも使っています(^^)

こんにちは

研究開発室のcobaです。

すっかり春らしくなりましたね。

でも今年の花見は見るだけで宴会はなしですね。まあ大変な状況だし我慢しましょう。

 

わたしも近所の公園で椅子と読みかけの本を持ってひとり花見を実行しました。

これはこれで気持ち良かったですが。

 

そんなご時世なので日々マスクが手放せませんが、じゃんじゃん使い捨て出来るほどマスクは手に入らないしどうしても使いまわししますよね。

わたしも使いまわし派です。

ただ使いまわしていたらマスクが臭くなったりするので、FABミストを使って消臭しつつ快適に使っています。

ん? ちょっと待った!

FABミストは除菌もできるんじゃ!?

そうです。消臭だけじゃないのです。高い除菌性能があるし、アルコールと違って揮発しないのでその場にとどまって効果を持続します。

ほんとにそうなのかぁ?

だったら実験してみようじゃないの。

以前シャーレの上での持続性は確認しましたが、マスク表面ではまだ確認してないのでした。

 

というわけで今回はマスクを使っての除菌実験をやってみました(^^)

 

材料;研究室にあった普通のマスク(Nナントカといったすごいやつじゃないけど)

試験菌;実験用の大腸菌

菌の検出;ペタンチェックという丸いシャーレで、菌がいる場所に押し付けて菌が居ればコロニーができるすぐれもの。

 

方法は、いつものようにシンプルな実験です。

シンプルな実験のいいところは

①わかりやすい!

②効果が出た際のインパクトがでかい!

③いらん説明をしなくてよいw

※ややこしい実験だと、実験そのものを理解してもらうのに苦労しますからね。

 

で今回の方法は

・マスクの表面を2センチ四方にカット

・FABミストまたは70%アルコールを5回スプレー

・4日間放置して(結果的に乾く)

・大腸菌をスプレー

・30分後にペタンチェックして大腸菌を検出

以上

まあこんな感じですわ。簡単でしょう!?

 

これが使用したマスク

 

表面の不織布をカット

へぇーマスクって多層構造なんだぁ(何を今さらw)

 

シャーレに移します

 

それぞれ5回ずつスプレーします。

 

4日間乾かして1枚ずつ別のシャーレに移します。

 

これが大腸菌液のスプレーです(これで菌をばらまきます)

 

大腸菌をスプレーして30分待ってからペタンチェックします。

その結果がこちら

右側の70%アルコールのほうは大腸菌のコロニーが検出されましたが

左側のFABミストのほうには下のほうに1個だけ小さいコロニーらしきものがありますがそれだけです。しかも小さいコロニーの感じは大腸菌っぽくないしただのコンタミかもしれません。

うーんとてもいい結果です♡♡♡。

FABミストはマスク表面でも効果を発揮しますね。

それもスプレーして4日後にも除菌効果が確認できたので持続性があり予防的な使用も可能です。

※注意;ただしすべてのマスクで同じ結果が得られるかどうかはわかりません。

 

一方アルコールのほうは大腸菌が検出されましたが、これはまあ当然の結果で、アルコールはスプレーしてすぐに揮発してなくなっちゃいますしね。

さて、こうしてマスクの使いまわしの際の消臭だけでなく除菌も確認できたことから、これからもFABミストをスプレーしてマスクを使っていくことにしましょうかね。

 

とにかく早期にコロナウイルスが終息して、マスクなしで買い物などできる日が来るのを待つばかりです。

それまで弊社の製品が皆様の生活に少しでもお役に立てたらいいなと思います。


coba

coba

製薬メーカーからの転職組で研究開発室で働いています。週末は釣りばっかりしてます。 コロナはなかなか手強いですね。今はじっと我慢して再び楽しい日常を取り戻しましょう!

台所のまな板@意外と汚いです( ノД`)

こんにちは

研究開発室のcobaです。

今回は研究室を飛び出して家庭の台所で実験してみました。

(写真はイメージですw)

料理するときにはまな板を使いますよね

使った後はどのような処理をしていますか?

洗剤で洗って乾燥させるっていうのが一般的でしょうか。

我が家もそのような処理をしていますが

今回はちょっと驚きの実験結果を報告します。

 

いろんな細菌が生えることができる栄養満点の培地を使って

それをまな板に押し当てて、いったいどれくらいの菌がいるのかといった簡単な実験を行いました。

 

実験は家族3人できわめて平均的な生活をしている我が家の台所で行いました。

普通に洗って干していた我が家のまな板に、培地を押し当てて培養した結果が以下の写真です。

いやいや、めっちゃ菌がいるやんか( ノД`)シクシク…。

こんなに汚いのかぁ?

いろんなコロニーがあり何種類もの菌が確認できます。

 

別の日、同じように培地を押し当てて培養してみました。

今度もたくさんのコロニーが確認できます。

使った食材が違うせいか、菌のコロニーは前回とは多少異なりますが

相変わらず菌はたくさんいます。

 

また別の日、今度は滅菌したきれいな水をまな板に流して

同じように培地を押し当ててみました。

やっぱり菌はいます。

滅菌したきれいな水には菌はいないはずですが

それで洗い流したくらいでは取れないくらい菌がしっかりまな板に付いているといえます。

まな板の表面の小さな傷などに入り込んでいるのかもしれません。

 

まな板の菌、なかなか手ごわいです。

 

今度は、細菌の除菌効果が高いFABミストをまな板にスプレーして30分待ってから

これまでと同じように培地を押し当ててみました。

なんと、全くコロニーは確認できません!

あれだけしつこかった菌たちは死滅したようです。

これまで、研究室ではいろんな細菌を使って繰り返しFABミストの除菌の試験を行ってきて高い効果が得られていたので、たぶん台所にいる菌にも効くだろうとは予想していましたが、これだけしっかり抑えることができるなんて、実験での効果が実際のフィールドで証明できてうれしいです。

 

FABミストは有機酸や発酵アルコールなどの食品素材で構成されていますので、まな板にも安心して使用できます。

今回の結果をもとに、まな板での使用条件をもう少し詰めたうえで、あらためて皆様にご案内できればと考えています。

FABミストの用途はどこまで広がっていくのか、開発担当者としてもこの先が楽しみです。

また何か新しいことがわかったら報告していきますね。

 


coba

coba

製薬メーカーからの転職組で研究開発室で働いています。週末は釣りばっかりしてます。 コロナはなかなか手強いですね。今はじっと我慢して再び楽しい日常を取り戻しましょう!

「ビッグバイオ大忘年会2019」@ ミニバレー大会、か~ら~の~大宴会

こんにちは
研究開発室のcobaです。
いつもは研究室ネタなんかをアップしていますが
今回は忘年会の幹事だったので「ビッグバイオ大忘年会2019」の盛り上がりをアップしたいと思います。

今回の忘年会は2部構成で、まずはチームに分かれてミニバレー大会を行い
そのあと大宴会でした。
ミニバレー大会は初の試みで、場所選びからオリジナルルールの決定、もめにもめたチーム編成など、いろいろと準備を重ねてようやくこぎつけました。

当ブログでもちょくちょく報告されていますが、ミニバレー大会に向けて事前に練習を重ねて皆さんかなり本気モードで準備してきました。

いよいよ当日
社内でA、B、C、D、の4チームに分かれて総当たり戦で勝負しました。

掛け声かけて気合を入れてGO!

職場では見せないような真剣な表情

神業?片手トス

アタックチャンス!

とりゃ!

6試合のうち3試合がフルセットの戦いとなり異様に盛り上がった大会となりました。
結局勝敗だけでは決着がつかず、得失点差までもつれ込み、バレー経験者のリーダーが率いるDチームが優勝しました。

捻挫する人やめまいで途中退場する者(←私ですが(^^;)も出ましたが無事に?第一部のミニバレー大会は終了しました。

さて第2部の宴会は海鮮居酒屋に場所を移して

まずは社長のごあいさつ

ミニバレーの表彰式があり

業務における表彰があり
おや?うるっと来ちゃった?
去年の前振りがあっての今年の表彰
そらー喜びも大きいよね

あとは飲んで

うんちく語って

また飲んで

最後は出来上がって

楽しい宴会は終了したのでした。

でもここで終わりではありません

大宴会か~ら~の
2階に上がっての

カラオケ大会へ突入!

スポーツで汗流して
たくさん飲んで
最後は歌って
ようやくビッグバイオ大忘年会2019は終了したのでした。

来年もみんなで楽しいお酒が飲めるといいな


coba

coba

製薬メーカーからの転職組で研究開発室で働いています。週末は釣りばっかりしてます。 コロナはなかなか手強いですね。今はじっと我慢して再び楽しい日常を取り戻しましょう!

FABミストは、かなーりユニークな製品なのでした(その2)

こんにちは

研究開発室のcobaです。

すっかり朝晩は寒くなりましたね。いつも思うのですが熊本には秋がありませんね。

いつも一気に冬だし。

 

さてさて、今回は「その2」ということで前回のブログの続きになります。

②有効成分は有機酸が結合したもので、多様な分子構造が多様な機能を発揮します。

前回の最後にこのように説明しましたが、まずはFABミストの消臭効果の多様性発揮の一端から続けていきます。

消臭効果に関しては、基本的に有機酸は酸なのでH+を持っておりアンモニア(NH3)とイオン結合することによりアンモニウム(NH4)に変化させて瞬時に消臭します。ここはわかりやすいですよね。

また、酢酸などの酸に対する消臭効果も高いのですが、有機酸のC=Oの二重結合間にプラス電荷とマイナス電荷の分極が起こり、この分極が酸の側の同じ二重結合部分と対になって分極結合すると考えられます。ホルムアルデヒドなども同様の機構で消臭可能と考えられます。

石油系に関しては環状の乳酸オリゴマーの疎水部分に引き寄せられ分子間力による結合により消臭されると考えられます。また、環状のサイズが大小様々なのでいろんな疎水性のニオイ成分を捕まえることができます。

以上まとめますと

①イオン結合

②分極結合

③分子間力

などの様々な結合様式によりFABミストは多様な消臭成分に対して幅広い消臭効果を発揮するのでした。

なんて偉そうに書いてしまいましたが、実は原料供給元の技術アドバイザーに大学の先生がいて、FABミストの消臭メカニズムに関して「なんで効くのか?」を質問攻めにしてこちらの疑問点についてしっかり回答をいただいたのでした。

私も化学にはそんなに明るいほうではないので、自分ではこんなこと考えつきませんw

 

消臭メカニズムについてはここまでで、後半はFABミストの特筆すべき特徴である、

「効果の持続性」について説明していこうと思います。

簡単に言うとFABミストはスプレーした瞬間だけでなく、スプレーが乾いたあとでも抗菌効果は持続するということです。

これについては簡単な実験で証明できます。

まずFABミストをシャーレにスプレーします。

こんな感じに

 

次にシャーレを自然乾燥します。

1週間乾燥させると水滴はなくなり成分は乾いた状態になります。

でも有機酸の性質から成分はその場に残っています。

次にこの状態でカビの胞子をスプレーして、30分待ってカビ検出用の栄養満点の寒天培地を押し当てて培養します。

するとこのように全くカビは検出されません。

つまりカビ胞子はしシャーレ表面に残っている有機酸で死滅したといえます。

 

一方、比較対象のFABミストをスプレーしなかったシャーレでは

このようにしっかりとカビのコロニーが確認されました。

よってスプレーして乾いても防カビ効果が持続するといえます。

同じ効果はカビだけでなく大腸菌でも確認され、防カビ効果と除菌効果の両方の持続性が確認されました。

 

いやいや、これは実験しててかなり興奮しましたね。有機酸の特徴から揮発しないのでその場に残ることは予想していましたが、ここまで強い効果を発揮するとは思っていませんでした。

現在世の中に流通しているアルコール系や塩素系の抗菌成分は、確かにスプレーした直後の効果はすごいものがありますが、揮発性の成分なのでその場にとどまって効果を持続することは難しいです。(残存性がある抗菌成分も無いわけではないですが、個人的には衣類やソファーなどの肌に触れるものには使いたくないかな。。。)

スプレーして乾いた成分が残留して大丈夫?とご心配の方もおられるかもしれませんが、FABミストは食品素材を原料としていますので残留して危険なものは入っていませんので安心してお使いいただけます。

 

この多機能で持続性のあるFABミストを、開発担当者としては是非ともいろんな場面に活用してほしいですね。

そのためにも、これからも地道に基礎データを蓄積していきたいと思います。

 


coba

coba

製薬メーカーからの転職組で研究開発室で働いています。週末は釣りばっかりしてます。 コロナはなかなか手強いですね。今はじっと我慢して再び楽しい日常を取り戻しましょう!

FABミストは、かなーりユニークな製品なのでした

こんにちは

研究開発室のcobaです。

今回は研究室ネタではありません。

 

写真は先日はじめて参加した雑貨関連の展示会のものです。

私は4月に発売したFABミストの開発を担当していましたので、展示会では主にFABミストの説明をしてきました。

開発担当者の思い入れもありついつい説明に力が入ってしまい、営業部のアニキから「説明長すぎ!」って注意を受けるほどでしたw

さて、私がそんなに力んでしまうほどのFABミスト、どんな製品なのかを開発担当目線で説明していこうと思います(あまり長くならないようにw)

まず言いたいのは、この製品にはBB菌は入っていません。ここが従来の製品とは大きく異なるところで、主成分は有機酸になります。

この有機酸が「○○酸です」ってところまでは今はちょっと明かせませんが誰もが知っていて口にしたこともある食べても安全な酸です。

FABミストにはその酸が単体で入っているのではなく、数個の分子が結合して直線状になったものや、端っこがつながって環状になったものもあり、長さや大きさが異なるものが混然一体となって入っています。

ここが一番のポイントで、直線状のものも長さが違うものが混ざっており、環状のものも輪っかの大きさが異なるものが入っていて、その多様性こそが幅広い消臭、除菌、防カビ効果につながるのです。

まあ、噛み砕いていうと、形や大きさが異なるものが混ざっているということは、それだけいろんな種類や性質の違うものと反応できるわけで、様々な武器を合わせ持っているようなイメージですね。つまり単一分子では成しえない多様な効果を持っています。

例えば直線状のものは水となじみやすく親水性が高いのに対して、環状のものはその反対で疎水性が高い性質を持っています。

これだけでも親水性、疎水性の両方と反応したり結合したりできるわけで、そこにサイズ違いのファクターまで入ってくるとさらに幅が広がることになります。

例えばニオイに関していうと、家庭に存在するニオイは一つではなく、アンモニア臭や加齢臭、生ごみ臭や汗臭など様々なニオイがあります。例えばアンモニアだけ抑えてもそのほかのニオイまで抑えることができないと家庭用として有効とは言えません。

なんか全然説明が止まりません。まだほんのイントロなのに。

このままつらつら書いていくと、また営業部のアニキに叱られそうなので続きは泣く泣く次回に回したいと思います。

 

今回のポイントをまとめると

①FABミストにはBB菌は入っていません。

②有効成分は有機酸が結合したもので、多様な分子構造が多様な機能を発揮します。

次回はそのような多様な分子がどのように効果を発揮しているか、他の除菌消臭剤にはない特徴などについて説明したいと思います。

 

ではまた

 

 


coba

coba

製薬メーカーからの転職組で研究開発室で働いています。週末は釣りばっかりしてます。 コロナはなかなか手強いですね。今はじっと我慢して再び楽しい日常を取り戻しましょう!

Contact

商品についてのご不明な点、改善して欲しい点、作って欲しい商材など様々なご意見を受け付けています。
お気軽にお問い合わせ下さい。商品を利用してのご感想もお待ちしております。
業務用、OEMもご相談下さい。